モビットアルバイト

モビットはアルバイトでも契約できる

モビットを利用する為には、最低基準である「安定した収入がある」と言う条件をクリアする必要があります。その上で、モビットが行う審査をパスすることができれば契約となり、(即日)融資を利用することができます。

 

安定した収入とは、必ずしも年収200万円以上とか500万円以上必要になると言った意味ではありません。文字通り、「毎月安定して得られる収入があるかどうか」と言うことを意味しているので、仮に年収が100万円以下だったとしてもコンスタントに月収を得られている状況であれば契約できる可能性はあります。尤も、年収100万円であれば上限30万円以下の契約となる可能性が非常に高いため、数万円〜10万円程度の少額融資を希望する状況でなければ契約は難しいと思っていた方が良いでしょう。

 

年収100万円以下でも契約できる可能性があると言うことは、当然ながらアルバイトやパートでも契約できる可能性があるということです。アルバイトの場合、学生であれば年収60万円程度と言うことも少なくないでしょうが、そのくらいの年収でも契約できる可能性は十分にあります。

 

モビットが審査で重視する点は、「その人に返済能力があるかどうか」です。アルバイトと言えども毎月収入を得られている状況であれば、年収に応じて融資を決定することは普通に起こり得ます。学生アルバイトの場合、その収入以外にも親からの仕送りなどを貰って生活をしている人が多く、現実的には200万円近い収入(仕送り+給料)だと考えることも出来るので、比較的安定した環境にあると評価してもらえる可能性は十分にあります。

 

ただ、実際には年収が60万円であればその1/3(総量規制)までとなり、約20万円を上限として契約することになります。理論上は20万円までの契約は可能ですが、モビットに限らず設定される利用限度額の多くは10万円以下での契約となる可能性が高いでしょう。

 

契約に際して、勤務先に在籍確認の電話が入ります。その電話で申込者が間違いなく在籍していることが確認できれば契約可能な状況になりますが、電話が来ることで何らかの不利益を被る可能性がある場合もあるでしょう。一般的なカードローンであれば電話が必須となる状況も少なくないのですが、モビットの場合は「WEB完結を利用すれば電話確認が無くなる」と言う非常に強い特徴がある為、余計な不安を感じることなく利用出来ると言う点では非常におすすめです。