モビット 利率

モビットの利率は最低金利が低い

モビットの利率は実質年率であり、3.0%〜18.0%と良心的になっています。幅が設けられている理由は、信用力や借入額によって利率が変わってくるためです。初めて借りる方の場合は信用力が低い状態なので、高金利が設定されると考えてよいでしょう。

 

モビットの契約年数が長くなると信用力が高まり、年率を下げてくれる場合があります。信用力が上がってくると、業者側としても低金利で貸すことに抵抗がなくなってくるのです。毎月遅延せずに返済してくれる人には積極的に融資したいと業者は考えます。低金利になるほど借り手としては利用しやすいため、貸金業者は今以上に借りてもらうために金利を引き下げてくるのです。

 

また借入額によっても金利は変わり、低利率で借りるためには高額を借りるのが得策です。ただし金利を引き下げる目的だけで、高額を借りるのはおすすめできません。たくさん借りるほど借入残高が大きくなり、より多くの返済が必要になるからです。借入残高に比例して利息が増えていくので、モビットを利用する方も借りすぎには注意してください。

 

モビットの融資額は最高800万円であり、借入額が大きくなるほど低金利を設定してくれます。希望額は自由に決められるものではなく、総量規制の範囲内での融資となります。年収の3分の1が上限となりますから、その範囲内に抑えておくことが大切です。誰もが800万円の希望額を設定できるわけではなく、もし借りようと思えば2400万円以上の年収が必須となります。

 

モビットから100万円以上の借入をすると、必ず利率は15.0%以下が設定されます。これは利息制限法によって100万円以上を借りた場合の利率が15.0%以下と定められているからです。99万円の場合は18.0%まで認められていますが、100万円になると18.0%で融資することは違法となるのです。そのため99万円を借りるような状況においては、100万円にしたほうがお得と言えます。

 

初めてモビットを利用される方は、18.0%になると考えておくのが無難でしょう。最高金利でシミュレーションしておくことで、無難に返済計画を立てることができます。低金利で借りることを前提に考えてしまうと、予想より高金利が設定されたときに困ります。無理な借入をしないためにも、金利は高めでシミュレーションしておくこと、必要以上に借りすぎないことが大切なのです。ローンを上手に使うためには、いかに完済までの利息を減らすかが重要となります。